洋楽初心者に!今話題のBillie Eilishとは?

2019年グラミー賞受賞時
その他

1月末、アメリカのロサンゼルスで第62回グラミー賞が行われた。

そこで18歳の女性アーティストが主要4部門含む5冠を獲得した。

今最も注目されている彼女、ビリー・アイリッシュについてぜひ知ってもらいたい!

これはグラミー賞での写真。

ビリーはいつも、だぼだぼな服で身を固めている。

理由は後ほど。

ビリーは笑って!と言われて笑うのが嫌いなので、他のアーティストに比べると笑っている写真が少ない気がする、、

まさに個性の塊。

売れたきっかけ

ビリーが最初に注目されたのは「Ocean Eyes」をsound cloudにあげたときのこと。

sound cloudは、無名のアーティストから有名人まで様々な人がほぼ無料で音楽を配信できるサービスである。

Ocean Eyesはそのsound cloudで一晩のうちに爆発的にバズった曲。

そこからわずか数年でグラミー賞をいくつもとるトップアーティストになった。

聴けばわかると思うが、ヒーリング音楽のようだ。

めちゃめちゃ耳が癒される、透き通った声。

ビリーは以前、「音楽の”ジャンル”という考え方が好きではない」とビルボードのインタビューで語っていた。

それでかわからないが、彼女のアルバム「WHEN WE ALL FALL ASLEEP WHERE DO WE GO?は一つひとつが色んなジャンルをミックスしたような曲になっている。

 

絶対どこかで聴いたことあるヒットソング

”2019年最も売れたシングル”とも言われる「Bad Guy」は、先ほど紹介した「Ocean Eyes」とは打って変わってアップテンポな曲だ。

ヒットしただけあって、一度聴いたらサビ直後のメロディーが頭から離れない。

ビリーの曲は全てに兄のフィネアス・オコネルがプロデューサーとして関わっている。

二人で意見を交わしながら作曲している。

 

生い立ち

写真右が、先ほど紹介した兄のフィネアス・オコネル

ビリーとフィネアスは、俳優の父、女優兼作曲家の母のもとで生まれ育った。

二人とも学校には行かずホームスクールで勉強をしながら音楽の才能を磨いていった。

(※ホームスクールとは、通学せず家庭に拠点を置いて学習すること。)

家庭では子供たちがやりたいことに全力で取り組めるような環境を作っていたそうだ。

ビリーの服装

人前に出るときビリーはいつも”バギースタイル”というだぼだぼで身体のラインが出ないような衣装を着る。

海外のアーティストの中では珍しいと言えるだろう。

例えば他のアーティストはこんな感じ。

 

グッチやバーバリーなどのハイブランドも好きみたい。

ネックレスはじゃらじゃらたくさん!

髪色もかなり個性的。

なぜビリーはだぼだぼの服で身体を覆い隠すのか?

「服の下が見えなければ、誰も意見を言えないでしょ?」「痩せてるとか太ってるとか、知らなければ誰も何も言ってこない」とカルバン・クラインのキャンペーンで理由を語っていた。

彼女はファッション誌ELLEのインタビューでも、胸元に注目を集めないためにオーバーサイズの服を着るとも言っている。

しかし、真意は着たい服を好きに着ているだけで女性的な服を着ることを批判しているわけでもなく、

「世の中にいるすべての人に、自分の肌や体に心地よさを感じて、好きな格好をしてほしい」とのメッセージを発信している。

おわりに

若くして一躍有名になったビリーだが、調子に乗るわけでもなくかなりしっかりした考えをもっていることに、多くの人が良い印象を持ったのではないか。

これからも才能あふれる彼女の言動に注目していきたい。

「blosh」というビリーが手掛けるアパレルブランドのキッズラインの広告撮影の様子。

子供たちといる時はこんな表情を見せていた!楽しそう!

関連記事一覧