童顔歌姫Selena Gomez

セレーナゴメス
その他

童顔歌姫代表、Selena Gomez(セレーナ・ゴメス)

こんなにかわいくて完璧に見えるセレーナだけど、知れば知るほど身近に感じてしまう?!

彼女の魅力を紹介していきます。

 

7歳での芸能界デビュー

セレーナが芸能界に入ったのは7歳の時。

バーニー&フレンズ』で子役デビューしました。

その後『ウェイバリー通りのウィザードたち(2007)』、プリンセス・プロテクション・プログラム(2009)』などディズニーチャンネルで女優として活躍していました。

歌手活動をスタートしたのは2008年。

そこからメキメキと頭角を現し、世界に名を馳せるシンガーとなった。

 

セレーナといえばこの曲!

個人的なことになりますが、私が初めて聴いたセレーナの曲はこの世界的DJのZeddとフィーチャリングした「I Want You To You Know」。

ハマってリピートしまくりました。

この曲の製作がキッカケでZeddとセレーナは一時期付き合っていたそうです。

Rare」は最近リリースされたアルバムの挿入歌で、アルバムのタイトルでもあります。

「私がすごく貴重な存在なのに、なんで私に気づかないフリをするの?」と長く付き合った恋人同士の関係を歌っています。

Same Old Love」はつまらない飽きてしまった愛について歌っています。

童顔のセレーナが大人びた表情で歌っているMVにも注目です。

 

元カレはジャスティンビーバー

ひと昔前、海外ゴシップでよく話題になっていたのがセレーナとジャスティンビーバーの関係性。

くっついたり離れたりを繰り返し、互いに互いへの思いを歌った曲をいくつもリリースしてきました。

しかし、2018年にジャスティンが昔ウワサされたモデルのヘイリーボールドウィンと再接近し、電撃結婚!

ファンたちは、セレーナとジャスティンは最終的にはくっつくと思っていたので、この事件はかなり世間を賑わせました。

ジャスティンの電撃結婚からしばらく経ち、GeniusのYouTube動画でセレーナが語ったこと、それは”一生独り身なんじゃないかという不安”。

女性の誰もが一度は思ったことありますよね。このインタビューを見て一気に親近感が湧きました。

早くセレーナにも良い人が現れるといいですね。。

セレーナはSNSを見ない?!

セレーナは以前からネットの世界は”リアル(現実)じゃない”と感じ、デジタルデトックスに近いやり方でSNSから距離を置いているとELLEのインタビューで明かしています。

デジタルデトックスとは、デジタル機器による悪い影響を体から取り除こうというもの。 スマホやPCから距離を置いて、それらデジタル機器への依存を少なくするのが目的です。

また、カンヌ国際映画祭に初参戦した際にはSNSが若者に悪影響を及ぼしている、と熱弁しました。

自身の発言力を良い意味で利用し世界に発信する、かっこいい一面もあるんですね。

セレーナプロデュースのコスメブランド「Rare Beauty」

1月にリリースしたアルバム「Rare」のタイトルに合わせたRare Beauty」というコスメブランドが発表されました。

セレーナは”「美人やイケメンの型にハマらないといけないんじゃないか」というプレッシャーから解放してくれるようなコスメ”を目指しているようです。

まだ具体的な商品情報は出ていませんが、ファンデーションとコンシーラーは完成したとのこと!

続報に期待したいですね。

おわりに

いつでも等身大の自分を発信するセレーナゴメス、見た目はかわいいけど中身がかっこよすぎますね。

紹介した以外でも良い曲があるのでぜひ聴いてみてください。

このMV、実はiPhone11Proで撮影されたもの!とても見応えあります。

関連記事一覧