世界遺産旅行に出かけよう!【アメリカ編】

自由の女神(ニューヨークの世界遺産)-780x440

世界遺産は現在1100以上登録されています。
世界遺産の素晴らしい自然や建物を見るために様々な国を旅行者が行き来しています。

ただ、1100以上もあるとそれぞれどのようなところなのか調べるのは大変ですよね、、、
そこでこれから様々なテーマに沿っておすすめの世界遺産を紹介していきます!

今回のテーマは「アメリカの世界遺産」です。
アメリカには文化遺産が11、自然遺産が12、複合遺産は1で、合計24の世界遺産があります。
この24の世界遺産の中から今回はおすすめの3つを紹介します!

アメリカ旅行を考えている方はぜひプランに「世界遺産観光」をプラスしてみてはいかがでしょうか?
それでは紹介していきます!

グランドキャニオン国立公園

アメリカのアリゾナ州北西部にあり大人気の観光スポット。知っている方も多いのではないでしょうか?
1979年に世界遺産に登録されています。

アメリカでも最も古い国立公園のひとつで、20億年から2億5千万年前の地球の地層が観察でき、世界で最も多くの化石が発見された貴重な場所なのです。

〈グランドキャニオンとは?〉

グランドキャニオンは、コロラド川がコロラド高原を浸食し、数百万年かけて出来上がった峡谷です。総面積は4927㎢に達する広大さです。
100年で2㎝ずつ削り出され、現在もそれが進んでいます。これを計算すると、途方もない歴史を刻み続けてきたことがわかります。

国立公園であるため、様々な生物が生息しています。植物は1500種類以上、鳥類が355種、哺乳類が88種、爬虫類は47種、両生類が9種、魚類が17種と自然を満喫することができます!

〈グランドキャニオン国立公園のが楽しみかた!〉

○トレッキング
渓谷を上から眺めるだけではもったいない!!
絶景を眺めることができるトレッキングルートがたくさんあります。
渓谷はコロラド川を挟んでサウス・リムノース・リムに分かれていて、楽しみ方が大きく異なります。

サウス・リムには複数のビューポイントがあり、無料シャトルバスも運行されるなどアクセスが便利なことから世界中から多くの観光客が大勢訪れています。サウス・リムのハイキングトレイルには複数のルートがあります。初心者でも楽しめるルートも用意されています。

ノースリムのビューポイントは、ロッジからの眺望以外、トレイルを歩いて行きます。トレイルは何本かあり、景色を見ながら渓谷をトレッキングすることができます。ノースリムを最大に楽しむにはトレッキングをおすすめします!

 

○スカイウォーク

またウエストリムに、2007年スカイウォークという、岸壁からU字型に張り出した展望台ができました。
床面がガラス張りになっていて、足元から1200m下の谷底を見ることができます。

 

イエローストーン国立公園

出典:世界遺産オンラインガイド

イエローストーン国立公園は、アメリカのアイダホ州、モンタナ州、ワイオミング州にまたがる世界遺産で、世界最古の国立公園です!
また、東京都の約4倍もある広大な土地を有し、世界遺産としては、最初に登録された12件のうちのひとつ数えられます。イエローストーン国立公園は火山地帯にあり、地球上の温泉(源泉)の50%、間欠泉にいたっては3分の2がここにあります。

〈イエローストーンの見どころ〉

この広大な公園には見どころがたっぷり!ここでは一部を紹介します。

○Old Faithful
昔は毎45分おきに忠実に吹き上がることからこの名称がつけられた世界最大級の間欠泉ですが、現在は緩み吹き上がる時間が不正確となってしまったそうです。 ビジターセンターで次回の噴出時間を予測しているため、観光にいっった際にはその時間に合わせて訪れてみてください!前後10分程度のずれはあるが大抵その時間内に吹き上がっているそうです。
時間待ちの間は食事をしたり、買い物をしたり、無数に伸びるトレイルをハイキングしても良いですね!

oldfaithful

出典:Mental Floss

 

○Fountain Paint Pot
真っ青に透き通ったアルカリ性温泉を見ることができます。水温約90度もあり、かなり深そうである。
ゆっくりと1周回って30分程度のトレイルがあるのでのんびりあるきながら楽しんでみてください!

fountain-paint-pot

出典:tripadvisor

 

○Grand Canyon of Yellowstone
先ほど紹介したグランドキャニオンと同じ名前ですが、全く違う場所です!(笑)
イエローストーン国立公園の中央部、イエローストーンリバーが長い時をかけて作り出した大きな渓谷があります。
滝も見ることができるんです。高低差は約100m、ナイアガラの2倍あり、渓谷の深さは約450mです。

〈イエローストーン国立公園の楽しみかた!〉

ここまで見てきたように、イエローストーン国立公園はこの地上で最も美しい場所の一つと言ってもよいですね!

公園内は間欠泉や湖、温泉と見どころがたくさんです。楽しみ方はいろいろで園内を散策したり、ボートを借りて水上の景色を楽しむこともできます。
園内を周るのに最低2~3日は余裕を持って行きましょう。できれば4~5日あれば主要な見どころを見て周ることができます。

圧倒的な自然に会いに、イエローストーン国立公園へ出かけてみましょう!

yellowstone

出典:National Park Service

 

自由の女神像

自由の女神(ニューヨークの世界遺産)-780x440

出典:世界遺産オンラインガイド

最後に紹介するのは誰もが知る超有名スポット「自由の女神像」です!自由の女神像はアメリカのニューヨーク港内リバティ島にあり、1984年、世界遺産に登録されました。

正式名称は「世界を照らす自由」といい、アメリカの自由と民主主義の象徴となっています。

〈自由の女神像とは?〉

自由の女神像は非常に大きな像で、全長は93m、台座を含まない部分は46.05mあり、重量は225トンあります。

女神像は右手にたいまつを持ち、左手にはアメリカ独立記念日(1776年7月4日)とフランス革命が勃発した日(1789年7月14日)が刻まれた独立宣言書を持っています。冠の7つのトゲのような突起は、7つの大陸と7つの海に自由が広がることを示しています。

現在は緑色をしている自由の女神像ですが、実は昔は銅色だったんです!
海岸に設置されているため急速な酸化により、現在の色になりました。

自由の女神像-3

出典:世界遺産オンラインガイド

〈自由の女神の楽しみかた!〉

自由の女神の楽しみ方はたくさん。今回は二つの楽しみ化とを紹介!
旅行の予算に合わせて選んでみてくださいね。

○Statue Cruisesの自由の女神像フェリーで行く
自由の女神像があるリバティ島行きのフェリーはマンハッタン島の「バッテリーパーク」からと、ニュージャージー州の「リバティステートパーク」両方から出ています!

リバティ島に渡り、冠からの眼下に広がる絶景をぜひご堪能下さい!
ちなみにフェリーで行くリバティ島、エリス島には軽食を食べれるカフェやリバティ島に自由の女神像グッズが買えるおみやげ屋さんがあり楽しむことができます!

○サークルラインクルーズで船上の自由の女神像を楽しむ!

自由の女神像はもちろん、マンハッタンの美しい景色も同時に楽しめるクルーズ!
途中、自由の女神をゆっくり撮影できる時間もあり、とても大きな自由の女神像を眺めることができます。
自由の女神(ニューヨークの世界遺産)2

出典:世界のオンラインガイド

 

いかがでしたか?

今回はアメリカの世界遺産を3つ紹介しました。
旅行のプランを決める際に役立ててもらえると嬉しいです!

ぜひ最高の思い出を作ってくださいね。
では!次をお楽しみに〜〜!

ピックアップ記事

関連記事一覧