世界遺産旅行に出かけよう!【インド編】

tajimahal

こんにちは!
『世界遺産旅行に出かけよう!』第二弾!今回のテーマは「インドの世界遺産」です。

インドには計38個の世界遺産があります。インドの世界遺産には歴史的建造物が多くあります。
今回はおすすめの世界遺産を3つ紹介します!
インド旅行を考えている方はぜひプランに「世界遺産観光」をプラスしてみてはいかがでしょうか?
それでは紹介していきます!

タージマハル

tajimahal

出典:世界遺産オンラインガイド

 

一つ目はインドで最も有名な世界遺産!タージマハルです!
タージマハルは1983年、インドの世界遺産に登録されました。

タージ・マハルはインド北部のアーグラにある、ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンの妃ムムターズ・マハルの墓廟です。総大理石の白亜の廟は、インド・イスラム文化の代表的な建築物です。

〈タージマハルとは?〉

ムガル帝国皇帝シャー・ジャハーンは、妃のムムターズ・マハルを心から深く愛していました。
1631年、ムムターズは第14子を出産した際に亡くなってしまいます。皇帝の悲しみは深く、最愛の妃を弔うために、最も美しい墓廟を建てることを決めたのでした。
タージマハルは妃への深い愛が込められているんですね。ロマンチックです。

こうして、1632年にタージ・マハルの建設に着工します。皇帝は常時2万人の労働力を投入し、22年の歳月をかけて、完璧な対称性を誇るタージマハルが1653年に完成しました。

tajimahal

出典:世界遺産オンラインガイド

〈タージマハルの見どころ〉

○大楼門
タージマハルの大楼門(メインゲート)は、入場門を抜けると一番最初に目につくところにあります。高さ30m、幅46mの3階建ての巨大な門。赤い砂岩で建てられており左右のアーチ型の飾り窓や上部の白い鍾乳石の小塔などが備わった、古典的なムガル・イスラム建築です。石柱には、砂岩と2色の大理石が交互に組み合わされた幾何学模様が施されています。様々な宝石が随所に埋め込まれ、正面のアーチには白大理石と黒大理石でコーランの一部が刻まれています。

tajimahal2

出典:世界遺産オンラインガイド

 

マターブ・バーグ
ヤムナー河をはさんだ対岸にある庭園から、タージマハルの全景を見渡すことができます。日没時、夕日に染まるタージマハルの美しさも必見です。

マターブ・バーグ

出典:世界遺産オンラインガイド

エローラ石窟群

エローラ石窟群-780x440

出典:世界遺産オンラインガイド

エローラ石窟群は、インドのムンバイの北東350㎞のところにあるアウランガーバード郊外にある世界遺産です。3つの宗教建築が同じ場所に集合している、世界でも類を見ない遺跡です。

インドには他にも石窟群がありインド三大石窟と呼ばれています。

〈カイラーサーナータ寺院〉

エローラ石窟群では多数の石造物を見ることができます。

中でも、ひときわ目を引くのがカイラーサ―ナ―タ寺院です。その巨大さもさることながら、
精緻なヒンドゥー教の彫刻で内外がびっしりと埋め尽くされており、美しさも際立っています。

ツアーなどで見学時間が限られている方はこの寺院をじっくり見るなら、寺院群のほぼ中心にありますので、先に向かったほうが良いでしょう。

カイラーサーナータ寺院

出典:LINEトラベル

 

〈エローラ石窟群へのアクセス〉

エローラ石窟群-7

出典:世界遺産オンラインガイド

エローラ石窟群は、インドの商業都市「ムンバイ」から北東350kmのところに位置する「アウランガーバード」にあります。
ムンバイからアウランガーバードまでは頻繁にバスが出発しているだけでなく飛行機もありますので、日程に合わせて選べます。

じっくり観光したい人はローカルバス(40~60分程度でエローラに到着します)を利用することになります。ローカルバスは頻繁に出発していますが、バスターミナルが大変混雑しており、一見してどのバスがエローラに向かうのか分からないほどです。
迷ったときは現地の方に訪ねてみてください!!

アーグラ城塞

agra

出典:世界遺産オンラインガイド

アグーラ城塞とは、デリーの南約204kmのヤムナー河岸に聳える赤い城です。
この赤砂岩で築かれた城は「レッド・フォート」とも呼ばれ、インドを支配したムガール帝国の全盛期の強大な権力を象徴するお城です。

1983年にユネスコの世界遺産に登録されました!

〈アグーラ城塞の見どころ!〉

○ジャハーンギール殿

ジャハンギール殿

出典:TravelNote

赤砂岩でできた宮殿でアクバル時代で残っているものの一つです。

綺麗な左右対称で、様式はイスラムとヒンドゥーの融合したものになっており、装飾も同様になっています。

○ナギーナ・マスジド(宝石のモスク)

アグーラ城塞

出典:世界遺産オンラインガイド

ナギーナ・マスジド(宝石のモスク)は宮廷の女官たちのための宮廷礼拝堂として用いられました。

白色の美しい曲線からなる建造物にうっとりすること間違いなしです!

〈アグーラ城塞の楽しみ方〉

agra2

出典:star travel

ヤムナー川の川岸にそびえ立っています。中に入ると芝生の上に華麗な宮殿がいくつも建っていて、 立木や芝生に野生のリスが動き回っていたりするんです!

また、ほとんどの建物がヤムナー川を眺められるように作られていているので見晴らしが素晴らしいです。 アグラ城から1-2km先にはヤムナー川越しにタージ・マハルが位置し、自然の中にたたずむ姿は絶景です!

 

以上、インドの世界遺産の紹介でした!
インドに行く際はぜひ立ち寄ってみて、最高の思い出を作ってくださいね。

では!次をお楽しみに〜〜!

関連記事一覧